徳利も、お酒も「すず」と呼んだ時代が 金、銀、銅、鉄、鉛、水銀とともに「古代七金属」に数えられる錫(すず)の歴史は古く、現存する世界最古の錫製品は古代エジプトの遺跡から出土した『巡礼者の壺』といわれています。日本に錫製品の製法技術が伝わったのは1200〜1300年前。お茶やお酒の器として用いられることが多く、古くは御神酒徳利じたいを「すず」と呼ぶことがあったといわれ、宮中では今もお酒を「おすず」ということがあるそうです。 錆びない、朽ちない金属なので縁起がよいとされ、繁栄を願う贈答品としても人気の高かった錫製品。錫の採掘が始まったのは飛鳥時代ともいわれ、長く日本各地で採掘されていましたが、昭和・・・ 続きを読む!
鉋(かんな)だけで300種超! おひつや酒樽、ちろりとぐいのみ、菓子鉢、湯豆腐桶、花手桶、湯桶に手杓、腰掛け台……。その端正な姿形に思わず「きれい!」と声が出てしまう白木の工芸品があります。作っているのは中川周士さん。釘などの接合道具を使わず木と木を組み合わせて作る桶物(おけもの)や指物(さしもの)、あるいは木をえぐってくぼみを作る刳物(くりもの)、そして回転する軸に木を取りつけて刃物で削る轆轤(ろくろ)。日本に古くから伝わるこれらの技法で木の器を作る職人さんです。 材料は木曽椹(きそさわら)や木曽檜(きそひのき)、高野槙(こうやまき)、吉野杉(よしのすぎ)などの和木(日本の木)。道具はおもに・・・ 続きを読む!
江戸時代の厨にもあったおろし金 日本料理には「すりおろす」という調理法が頻繁に出てきます。おろす道具にもさまざまあれど、どうせ持つならぜひこれ! 料理の腕前が格上げされる手打ちの銅のおろし金です。 銅のおろし金の歴史は古く、正徳2年(1712年)刊行の『和漢三才図絵』(当時の百科事典のような書物)の「庖厨具の部」には「わさびおろしは銅をもってつくる。形は小さなちり取りのようで、爪刺(目のこと)が起こしてある。山葵、生姜、甘藷などをする。裏の爪刺は粗く、大根をする」という説明があり、現在のおろし金そっくりの絵も添えられています。 歴史が古いからこそでしょうか。おろし金の形状は関東と関西とではちょ・・・ 続きを読む!
フライリールはライン収納のための道具 釣りで使用されるリールのうち、最も歴史が古いのはフライフィッシングなどに使われる片軸受けタイプだそうです。フライフィッシングといえば、フライロッド(竿)のしなりとフライラインの重さをいかしたキャスティングのスタイルでよく知られています。目当ての魚やその魚の生息地に合わせて選ぶフライ(毛ばり)は数百万パターンもあるのだそうです。 さて、では、ここで登場するリールはどんな役割を持っているか……というと、フライラインを収納すること。フライフィッシング専用のラインは、ほかのラインより少々重く、塩化ビニールでコーティングされていて、太さも均一ではありません。フライリ・・・ 続きを読む!
幻といわれた技法 ガラスの粉末を型に入れて溶融し、成形するガラス技法があります。 金属の鋳造技術を応用したもので、古代メソポタミア文明のころから伝えられる古い製法。当時は彫ってくぼみを作った石や焼成した粘土の型に、珪砂(石英砂)や水晶を詰め、窯に入れて溶融する工程を繰り返して作ったそうです。着色のためには微量の金属鉱石を粉にして混ぜ込んで鋳型に入れていました。 盃や碗や皿だけでなく、装飾品も作られていたのですが、作り方が複雑だったばかりでなく、ガラスを取り出すために毎度、鋳型から作りなおさなくてはならないというメンドクサイ手法だったため、より大型で大量に生産することができる吹きガラス技法が発明・・・ 続きを読む!